読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そっとチラ裏@はてなブログ

はてな女子みたいなステキなブログが書きたいな!オッサンだけどな!

新聞の広告などで目に付いた本

■3月7日付朝日新聞読書面より

ポール・スタロビン『アメリカ帝国の衰亡』

アメリカ帝国の衰亡

アメリカ帝国の衰亡

セルジュ・ミッシェル,ミッシェル・ブーレ『アフリカを食い荒らす中国』

アフリカを食い荒らす中国

アフリカを食い荒らす中国

趙紫陽 極秘回想録 天安門事件「大弾圧」の舞台裏!』

趙紫陽 極秘回想録   天安門事件「大弾圧」の舞台裏!

趙紫陽 極秘回想録 天安門事件「大弾圧」の舞台裏!

■2月28日付朝日新聞読書面より

前田塁『紙の本が亡びるとき?』

紙の本が亡びるとき?

紙の本が亡びるとき?


紙の本に将来は無いと予見する前田氏はさらにラディカルだ。ウェブ検索から外れた情報は消費価値を失うばかりか、「どんどんデブリ(残骸〈ざんがい〉)化」する。無限に書き換えられるウィキペディア的な言説の海の中で、もはや「本」は知の物理的な結節点として機能しなくなりつつあると言う。港氏は、このように固着性のない電子ブックをモノではなく「『状態』としての本」と表している。

 断片化した知の「雪崩的現象(カスケード)」の中で、古典作もツイッターの呟(つぶや)きも同次元の「データ」と化し、その間に存在した「中間項」は消失する。この中間項を書物の未来形でどう再構築するか。文学だけが今なお担いうるものは何か――そう問う前田氏の言葉には切迫したものがある。

●【レビュー・書評】書物の変―グーグルベルグの時代 [著]港千尋/紙の本が亡びるとき? [著]前田塁 - 書評 - BOOK:asahi.com(朝日新聞社

http://book.asahi.com/review/TKY201003020168.html

■その他

田原総一朗『田原式つい本音を言わせてしまう技術』

田原式つい本音を言わせてしまう技術

田原式つい本音を言わせてしまう技術

ジブチャンドラセカラン『グリーン・ゾーン

グリーン・ゾーン

グリーン・ゾーン


イラク・バグダット中心部の米軍管理区域、通称"グリーン・ゾーン"で何があったのか!?映画化決定w

歴史街道 2010年 04月号 [雑誌]

歴史街道 2010年 04月号 [雑誌]