読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そっとチラ裏@はてなブログ

はてな女子みたいなステキなブログが書きたいな!オッサンだけどな!

Clock LauncherのWindows7 64bit版上でのキー呼び出し挙動が不安定

 愛用しているツリー式多機能ランチャー「Clock Launcher」は、「【Windows Vista / 7】 (2.20 β版)」として32bit版と64bit版を配布している。

 先日導入したWindows7 64bit版上で、「Clock Launcher」2.20 β64bit版を使用してみた所、不具合が一つ出た。

■64bit版「Clock Launcher」は、32bit版アプリ上からは呼び出せない

 「Clock Launcher」は、ShiftキーやAltキー、Ctrlキーの二連打で指定したメニューを起動するように設定できる。この挙動が不安定。デスクトップ上ではキー二連打では呼び出せるが、他のアプリケーションのウィンドウ上では、呼び出せる場合と呼び出せない場合があるのだ。
 どうやら、64bit版のアプリケーションのウィンドウ上からは呼び出せるが、32bit版のアプリケーションのウィンドウ上からは呼び出せないようだ。つまり、32bitのソフトと64bitのソフトが混在する環境では、「Clock Launcher」をキーのダブルクリックでは呼び出せない場合があるのだ。これは不便…orz
 ちなみに、「Clock Launcher」2.20 β32bit版でも試してみた所、上記とは逆の動作になった。つまり、デスクトップ上や64bitのアプリ上からはキーダブルクリックで「Clock Launcher」を呼び出すことは出来ない。逆に32bitアプリ上からはキーダブルクリックで「Clock Launcher」を呼び出すことが出来る。

■32bit版アプリを多様する環境では32bit版「Clock Launcher」を使うべき?

 現在の自分の環境だと、使用頻度の高いアプリケーション(サクラエディタやブラウザ)の大半が32bitのソフトウェア。「Clock Launcher」はランチャーとしてだけでなく、クリップボード監視機能の履歴や定型文処理で重宝しているので、特に32bit版のサクラエディタやブラウザ上から呼び出せないと困る。
 ということで、当面は「Clock Launcher」2.20 β32bit版を使うことにした。
 ただし、そうするとデスクトップから「Clock Launcher」をキー二連打で呼び出すことが出来なくなる。これはこれでちょっと不便。もちろん「Clock Launcher」はタスクトレイに常駐しているので、アイコンをクリックして呼び出すことは可能だ。しかし、ランチャーというものは、指定したホットキーで呼び出したいものなのだw
 そこで苦肉に策として、これまた愛用しているコマンド型ランチャの「Fenrir」から「Clock Launcher」を呼び出せるように設定することにした。「Fenrir」はWindows7 発売前の2009年9月で開発が止まっているが、こちらは特に問題無くWindows7 64bit版上で使えている。

【追記】ホットキー設定はOKみたい

ShiftキーやAltキー、Ctrlキーのダブルクリック呼び出しでは不具合が出るけれど、その他のホットキー設定なら大丈夫みたい。試しに「Alt+Z」や「Win+Z」をホットキーに登録したら無事に呼び出せた!


テキスト入力エリアにフォーカスがある状態では、 Ctrl,Shift, Alt キー等のダブルクリックイベントが機能していないようです。フォーカスが他にある時は正常な動作をするようですが。win キーを使用したホットキーは問題ないようです。

●キーダブルクリックイベント - みけだ 10/08/27-18:03 No.4989

http://www2s.biglobe.ne.jp/~geoph/bbs/wforumex.cgi?mode=allread&no=4989

■それでもツリー型ランチャー「Clock Launcher」は手放せない

 ランチャーからランチャーを起動するというのは、一見無駄な操作だ。少なくともランチャー機能については「Clock Launcher」の利用を止めて「Fenrir」に一本化にすれば良いのでは?と言われるかもしれない。
 しかし、ツリー型ランチャーとコマンド型ランチャーは、少なくとも自分にとっては、欠かせない両刀なのだ。頻繁に起動するアプリについては、コマンド型ランチャーから呼び出すのに適している。しかし、使用頻度が低い、例えば月に一度起動するかしないかの「画像を結合するアレ、えーと何だっけ?」みたいなアプリは、コマンド型ランチャーよりも、ツリー型ランチャーを起動し「画像編集ツール」グループから探して起動する方が使いやすいのだ。
 もちろん、Windows7 64bit版上で支障無く動作する別のツリー型ランチャーを探すという手もあるのだけれど…